インタビュー

入社4年目

営業管理部

インタビュー

経験を経て
人材・現場管理の
プロフェッショナルへ

入社のきっかけと業務内容は?

就職活動を進めるなかで、最も熱心に私の話に耳を傾けてくれた会社でした。入社試験でお会いしたどの方もそんなふうに接してくださったので、「ここなら自分の意見を素直に言える」と思いました。1年目は労務総務課で求人を担当していましたが、技術サービス部を経て現在は営業管理部に異動になり、複数の物件を管理しています。入社してから清掃スタッフに対してのマネジメントから建築の工事まで幅広い業務を経験することができ、「なんでもやってみたい!」と思っていた自分にとって非常に良い経験となりました。現在では不動産に関する知識を蓄えて、よりオーナーに近い立ち位置で仕事をしていきたいと思っており、将来的には組織の核となる存在へと成長していきたいと考えています。

「共栄でよかった」と思うことは?

色んな事にチャレンジできる体制がある、という事だと思います。中には自分だけでは対処できないこともありますが、困っていると声をかけてもらったり、助けてもらえる空気が社内にはあります。今の部署は同年代からベテランまでと構成年齢も幅広く、業務のことからプライベートのことまで、コミュニケーションが取りやすい環境は非常によかったです。

1日の流れ

  • 現場巡回

    各現場スタッフへの挨拶や作業状況確認のため、現場巡回を行います。

  • 事務処理(見積作成、書類確認等)

    状況確認が戻ってから会社に戻り、顧客依頼の見積作成・報告書等、書類確認を行います。

  • 顧客訪問・複数現場巡回

    お客様を訪問し、定期作業の打合せや、提案業務などを行います。
    既存・新規現場などので作業に対しての調査が必要な場合、現場に直接赴いて確認を行います。

  • 事務処理・会議・ミーティング参加

    上長とのショートミーティングを実施し、業務相談も定期的に行います。
    また、社内会議のメンバーに選出された場合は、会議参加もあります。

キャリアパス

  • 1年目

    年間を通しての契約上での現場業務を習得する。

  • 3年目

    現場社員・協力業者との信頼関係を築き、顧客への改善提案・スポット業務などの提案を、上司と共に活動できるようになる。

  • 5年目

    今までの経験を活かし、現場の改善や提案業務を1人でできるようになる。