インタビュー

入社11年目

技術サービスグループ
課長

インタビュー

感謝の言葉が
原動力

入社のきっかけと業務内容は?

空調設備の営業職からビル管理への転職しようと考えたのは仕事の領域を広げたかったからです。電気、空調、消防、給排水など、ビル管理会社の仕事は多岐にわたります。前職の経験を生かしながら、幅広い知識と経験を身につけることができる点に魅力を感じました。
現在は福岡県北部エリアの現場を担当しています。新規の契約が決まったら現場へ社員を配置して管理する。故障やトラブルが起こったら迅速にフォローする。小さな修繕から大きなリニューアルを提案し、お客様、現場、本社をつなぐ橋渡し役として、ビルや施設を駆けまわる毎日です。

やりがいを感じるのはどんな時?

私たちの仕事は「信頼」をもとに成り立っています。一方的な提案ではなく、お客様の立場で提案をすることが大切です。たとえば、相手によって提案書や説明資料の書き方を変える。お客様が何を求めているのか常に考える必要があります。
また、相手よりも先に「気付く」力も重要です。既存の契約に加えて、省エネのための改修や空調整備などプラスアルファの提案ができれば、施設の価値向上ができる上に信頼にもつながります。
ビルもお客様も十人十色です。大変なこともありますが、感謝の言葉をいただいた時は苦労も疲れも吹き飛びますよ。

1日の流れ

  • 顧客対応

    お客様を訪問し、作成したお見積りや報告書を直接お渡しして説明をします。

  • 講習会参加

    新製品についての講習や資格取得に関する講習など、業務に関わる様々な講習を受講します。

  • 顧客との定例会議

    月に1回お客様と会議の場を設け、不具合の報告や修繕の提案をします。この際にお客様から依頼を受けることもあります。

  • 現地調査

    お客様を訪問し、不具合箇所の確認・聞き取り調査をします。これをもとに修繕の提案をします。

  • 本社にて見積り作成

    お客様へ提出する見積りを作成します。素早い対応をすることでお客様からの信頼もアップします。

  • 打ち合わせ

    部署内のメンバーと今後の各現場の動きやお互いのスケジュールの確認をします。

キャリアパス

  • 1年目現場担当

    本社・現場にて先輩とのOJT研修を行い、社会人の基礎的な心構えと知識を習得する。

  • 3年目主任

    担当のお客様・現場社員を持ち、後輩社員の指導も担当。設備管理に必要な資格取得。

  • 5年目係長

    顧客の建物の責任者を任され、修繕案などお客様へ提案する。さらに高度な資格取得を目指す。